STRENGTH

コンタクトレンズを知り尽くしたプロとして、こだわり続ける高品質。眼科医との連携から生まれる確かな製品開発

DEVELOPMENT研究開発

コンタクトレンズケアを知り尽くしたプロとして、
こだわり続ける高品質

オフテクスは創業当時から、コンタクトレンズケアのあらゆる問題を解決するために高度且つ独創的な研究開発を行い、さまざまな成果が生まれています。その代表的な成果が世界初のポビドンヨードを使用したケア用品の開発です。製品化まで約10年を要したこの製品は高い有効性(消毒力と洗浄力)と安全性を両立し、新たな市場を開拓してきました。改良を重ね現在はオフテクスのフラッグシップである「クリアデュー」ブランドで進化を続けています。また、点眼薬の分野でも独創的な研究開発を行っており、1回使い捨て容器を採用し、瞳に優しく衛生的な防腐剤フリータイプの点眼剤のみを製造販売しています。
眼に触れるものだからこそオフテクスは品質にこだわり、お客様の眼の健康を第一に考えています。

眼科医との連携から生まれる確かな製品

コンタクトレンズはメーカーによって素材・デザインが異なりそれぞれが進化しており、またユーザーのニーズも多角的に変化しています。そのためにコンタクトレンズのユーザーと深くかかわる眼科の先生方に協力をいただいて、より独創的な研究開発を行うべく日々努力しています。積み重ねてきた臨床データに基づく研究結果を国内のみならず海外の学会で発表し、高い評価を得ています。こうした研究を今後も続けていく事で、日本初・世界初といった製品を生み出すことに繋がると考えています。

神戸研究所
神戸研究所

日本で唯一、コンタクトレンズのケアを主なテーマとし、独創性のある研究を行っています。
研究成果は、国内外の学会で高い評価を得ています。

一貫した国内生産にこだわる責任ある「モノづくり」 豊岡から世界へ

OWN FACTORY自社工場

一貫した国内生産にこだわる責任ある「モノづくり」

自社工場竣工以来、30年以上国内一貫生産の強みを活かした品質管理体制の強化に徹底して取り組んできました。製品の特性に合わせた設備を効果的に配置し、製造管理と品質管理の精度を高めてきました。豊岡工場で働くすべての従業員は「自社で販売する製品は、自らの手でしっかりと作りたい」という熱い想いを共有しています。日々の業務で培った現場力こそが、徹底した品質管理体制で安心・安全な製品を生み出し続ける豊岡工場の原点です。神戸研究所の製品開発に対する熱い想いを受け継ぎ、責任あるモノづくりで応える。すべてのコンタクトレンズユーザーに納得してご使用いただけるよう、私達は厳しい目で製品を造り続けます。

豊岡から世界へ

豊岡市は兵庫県北部の日本海側に面した場所にあり、日本で最後の野生コウノトリの生息地として知られています。豊岡工場は豊かな自然、暮らす人々のおだやかな人柄を愛した創業者の想いを受け継ぎ、国内コンタクトレンズケア用品専業工場として初めて「ISO9001」を取得、現在は「ISO13485」に基づく製造及び品質管理体制を構築しています。さらにEU圏の品質規格「CEマーキング」、医薬品の製造基準「GMP」の認定・取得など、世界の厳しい品質基準をクリアする挑戦を続けています。「豊岡から世界へ」。オフテクスは高い品質を持ったコンタクトレンズケア用品を世界へ届けます。

豊岡工場
豊岡工場

すべてのオフテクス製品は自然豊かな兵庫県豊岡市の自社工場で製造しています。安心と安全を第一に考え、徹底した製造・品質管理のもと、国際基準を満たす製品を豊岡から世界に送り出しています。

工場長からのメッセージ
工場長からのメッセージ

オフテクスの創業者・米田豊秋は、世界の眼科医療に貢献することを経営理念に掲げ、会社を立ち上げました。私たちはその意志を受け継ぎ、創意工夫と挑戦(challenge and innovation)を社員の行動規範として、製品の研究開発から製造、販売に取り組んでいます。研究・開発、そして製造までを一貫して自社で行うことにこだわり続け、これまでにも画期的な製品開発に成功し、今、多くのユーザー様にご利用いただいております。

これからも本当に良い製品をお届けするため、独創的な研究・開発を進めると共に、自社の研究所と工場があるからこそ実現出来るスピード感で、お客様のご要望にお応えし続けていくことをお約束します。そして、近い将来、アジア・ヨーロッパ・アメリカで私どもが事業を展開している、グローバル・アイケア・カンパニーとなることをビジョンとして、世界の眼科医療に貢献して参ります。