豊岡工場
研究と生産を密接に結び付けることで、高品質な製品が誕生しています。
オフテクスの自社工場があるのは、豊かな緑が広がる兵庫県豊岡市。この土地で、徹底された品質管理の中、優れた研究力を反映できる独自の技術力で、オフテクスの製品が生産されています。

豊岡工場の特色

特殊製品もすべて国内で生産できる充実した設備が整っています。
工場内
オフテクスの自社工場・豊岡工場は、それぞれの製品特性に合わせた設備を効果的に配置していることが大きな特徴です。

難易度の高い有核錠を製造できる設備だけでなく、ボトル成型からシーリングまで一台で製造可能な同時充填成形機なども導入しています。

このように、オフテクスでは、本社・研究所と緊密に連携した上で特殊な製品の製造にも対応できる環境が整っているため、国内随一の生産力を誇ることができているのです。
自社で一貫生産しているから、良質な製品をご提供できるのです。
工場内
オフテクスのように、研究開発から製造、生産、販売に至るまで、すべて自社で行っているコンタクトレンズケア用品メーカーは、実はほんのわずかです。

私たちオフテクスは、国内生産にこだわって豊岡工場を設けた結果、各工程において徹底した品質管理を貫くことに成功しました。

そして、研究の成果や市場のニーズを的確に反映させた製品を、適正価格でご提供することを実現したのです。
厳しい国際基準をクリアするほど、品質管理は徹底されています。
工場内
豊岡工場では、2000年に「ISO9001:1994/EN46001:1996」を国内のコンタクトケア用品専業工場として初めて取得したほか、「ISO13485:2003」に基づいた品質管理体制を整えています。

また、EU圏内の安全規格に適合したことを記す「CEマーキング」や医薬品の製造基準である「GMP」も認定・取得済みです。このように、生産において厳しい基準をクリアしていることは、お客様の信頼獲得につながっています。
ひとりひとりの意識の高さが、 安心・安全な品質につながっています。
オフテクスでは、豊岡工場で勤務する製造・品質・物流のすべての部門に正社員を登用し、ひとりひとりが品質への意識を高く持つように指導しています。これからも、より安全で安心できる状態で眼の健康に関わる製品をお届けするために、お客様目線を忘れることなく、さらなる品質向上を目指してまいります。