✾菖蒲と菖蒲の違いについて(・・?

みなさま、こんにちは。

オフテクスブログで花の話題がよく取り上げられますが、今回もお花の話題です。

5月下旬から6月上旬、いろいろな名所で「菖蒲まつり」が行われています。

ところで皆さん「菖蒲」と書いて、なんて読みますか?

考慮時間は3秒です。

 

1秒

 

2秒

 

3秒

 

終了で~す!

 

はい、正解は「あやめ」「しょうぶ」両方です。

 

 

 

正解しても、何も差し上げられないのは残念ですが😿、一つの漢字で二つの花の読みとなります。

でも、花としては別物なんですよ。

更に、似ている花としては杜若(かきつばた)もありますが、こちらも別物(笑)

しかし、すべてアヤメ科アヤメ属の植物ですので、一般素人には見分ける事もできません。

いずれも優劣がつけ難いほど素晴らしいものを例えて使う言葉として「いずれ菖蒲か杜若」などという例えもありますね。

ちょっと種類は違っても、花の美しさはそれぞれ。

品種改良で種類は山ほどありますが、見分け方は、花弁の部分にあるそうですよ。興味のある方はWEBなどで掲出されていますので、観賞前に調べてみてください。

 

6月に突入し、既に梅雨入りしている地域もございますが、ジメジメの季節が到来です。

でも気持ちはジメジメさせないで、花など眺めてひととき心を洗い流しましょう。

今回ご紹介の菖蒲(しょうぶ)は6月中も十分堪能できますので、近くの名所にお出かけしてはいかがですか?

 

 

 

 

【おまけ】近くで子鴨が水泳練習しておりました。とっても、かわいかったです。🐦