風花(かざはな)❄

みなさま、こんにちは。

一段と冷え込みが厳しい日が増えて、いよいよ冬本番といった感じですね。

 

みなさん「風花(かざはな)」という言葉を知っていますか?

❄初冬のころの晴れた日、風が吹き始める前などに、雨や雪がぱらぱらと降ること(goo国語辞典より)

❄日本海側で雪が降るが、その雪雲の一部が日本列島の中央にある山脈を越え、太平洋側に流れ込んできたときに風花が見られる(Wikipediaより)

私はつい先日、外出先でその現象を見ることができました。

青い空に、ひらひらと舞い降りる雪がとても幻想的で、思わず空を見上げて手を広げたくなる。そんな現象をなんて素敵な言葉で表現したんだろうかと思います。

12月になると流行語大賞や今年の漢字が発表され、年賀状のデザインや文言を考えたりして、言葉に親しむ機会が増えます。

みなさまも、このタイミングで”言葉”を見直してみるのも良いのではないでしょうか。

最近は、通勤時間もスマートフォン等で動画ばかり眺めていますので、まずは本の一冊でも読んでみようかと思います。